La Sweet Rose
フランス・ヨーロッパからの雑貨・アンティーク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不完全の愛しさ
同性・異性を問わず、
自分には無いものを持っている人と出会った時、
強い「憧れ」を抱くこと、
きっと皆様も経験があるのではないでしょうか・・
その人の一挙手一投足、
全て自分には完璧に見えてしまうものです・・
それは、テレビのブラウン管に映っている人を眺めているような
そんな感覚に近いような気がします。
でも、憧れている間はとても遠い存在で、
知らず知らずの内に、自分の中でその人のイメージを
創り上げてしまうものですね。
そして、その創り上げた「虚像の人物」に、
いつの間にか憧れていたり・・
まさに、「恋に恋してる」状態です。

でも不思議なもので、
例えば完璧に思えたその人が、
道を歩いていて、バナナの皮にすべって転んでいるところを
偶然目撃してしまったとしたら・・?
片方の靴下に穴が開いている所を偶然見てしまったとしたら・・?
(笑ってしまうような例えになってしまいましたが・・)
いつもテレビのブラウン管に映っている人が
突然目の前に現れたように現実味を帯び、親しみを感じて
私はきっとますます好きになってしまうでしょう・・
私は人の持つ「不完全の部分」にこそ
愛すべき「真実」があると思うのです。
「完全無欠」の人なんて、この世の中には存在しないですよね・・
もちろん、私も「完璧」から程遠いです・・

ありのままを受け入れてくれる、かけがえのない人達、
ありのままを受け止めたい、愛しい人達・・
そんな人達との出会いが、
これからもたくさん訪れてくれたらいいな・・
と思う今日この頃です・・

ブルーガラスキャンディーポット1

とってもキレイなブルーガラスのキャンディーポット
まるで映画「マリーアントワネット」に出てきそうで素敵です・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。