La Sweet Rose
フランス・ヨーロッパからの雑貨・アンティーク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スミレが結んだ縁
10月に入り、景色も気候も心までも、
すっかり秋模様になりましたね・・
台風で学校が休校となったところも多いようですが、
皆様のお住まいの地域は大丈夫でしょうか・・?


先日は、南フランスのトゥールーズにお住まいの方から
ご家族でご来店頂き、嬉しいサプライズの週末となりました。
「トゥールーズ」といえば、スミレの産地で有名ですね。

以前、「彼女のお気に入り」で
トゥールーズからのスミレのオード・トワレや、
「スミレフェア」を開催した際に、
お店のブログをお友達から教えてもらいましたと、
メールを頂いたのがきっかけでした。
「日本に一時帰国したら、立ち寄りますね。」
と、言って頂いたのですが、
ご家族で遊びにいらして頂けるとは・・♪嬉

「自分の住んでいる町の名産品が
新潟のお店で取り扱っている事がすごく嬉しい・・」
とおっしゃって頂き、私もとても嬉しかったです・・

フランス人である旦那さまから見たら、
フランス雑貨やフランスアンティークを扱う
この小さなお店は、どんな風に映ったでしょう・・
そしてお子様も、とっても可愛らしくて元気な男の子♪
ママから話掛けられると、日本語で、
パパから話掛けられると、フランス語で答えている様子は
「バイリンガルって本当にすごい・・」
と、思わずにはいられませんでした。

大好きなスミレが結んでくれたこのご縁には
何だかとても不思議な気持ちです・・
はるばる遠くから、お忙しい中お越し下さいまして、
本当にありがとうございました♪


さて、お客様よりご予約を頂いていた
ラデュレのキャンドルやすみれのトワレなど、
種類もあったので、なかなか荷物がまとまらず、
ずっと止まっていた彼女からの荷物も到着になりました♪
(今回、欠品の為お待ち頂いてる方には、
大変申し訳ございません・・)

いつものように荷物の隙間には、
日本未発売のボンヌママンのスイーツたちが
詰まっていました。
スミレのコンフィも一緒です♪

ボンヌママンのお菓子たち

見たことのないお菓子を見るのは実に楽しいものです。
お味も気になるところですね・・


そして、50年代フランスアンティークのガラスのボタンです。

フランスアンティークガラスのボタン

ハンドペイントで色づけされた、
とても愛らしいこのようなガラスのボタンは、
フランス現地でも中々見つからず、
レアな物になりつつあるということです。
そう言われてみれば、このタイプでは、
プラスティックやウッドしか、まだ扱った事がありません。
その愛らしさに、眺めているだけで思わず顔がほころんでしまう程。


そして、とても素敵なフランスアンティークのファブリックです。

フランスアンティークファブリックB フランスアンティークファブリックA

今回見つかったこちらのファブリックは、
おそらくインテリアファブリックだと思われます。
全体的に施されているジャガードのデザインは、
愛らしさと美しさを見事に兼ね備えており、
画像よりも実物をぜひご覧頂きたい
本当に素敵なファブリックです・・


それから、ハンガリアンリネンも届きました♪
今回は、テーブルクロスも含まれています。

ハンガリアンリネン

今までも何度かご紹介して参りましたが、
何故こんなにも、ハンガリアンリネンに惹かれるのでしょう・・
そんな不思議な魅力にすっかり虜になってしまった方も
きっと多いのではないでしょうか・・?

その秘密は、出来上がるまでの工程にあるのかもしれません。
このリネンは、各家庭の庭で刈り取った麻を冬の間に乾かし、
それを紡ぎ、織って作っているそうなのです。
すべての工程を各家庭で、
それも手仕事で織られたリネンですから、
どこか温もりのある、素朴な魅力に溢れているのですね・・
ハンガリアンリネンの最大の魅力は、
程よい厚みがあるにも関わらず、トロンとしたしなやかな肌触り、
そして、単色・単調な素朴な刺繍にあるのだと思います。
いたってシンプル、なのにどこか愛らしい・・
そんなミスマッチさが、かえって惹きつけられるのかもしれません。


ボタンも、布地もリネンも、現代物では決して味わえない
素晴らしい風合いをぜひお楽しみくださいね・・♪

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。