La Sweet Rose
フランス・ヨーロッパからの雑貨・アンティーク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穏やかな時間
5月に入り、それほど暑くもなく、寒くもなく・・
過ごしやすい季節になりましたね・・
先日の連休は皆様いかがお過ごしだったでしょうか・・?
しっかり充電をされた方、
かえってドッと疲れてしまった方、
きっと、いつも通りお仕事だった方も多かったかと思います。

私も、定休日と合わせて
3日間のお休みを頂き、本当にありがとうございました!
久しぶりにのんびりムード漂う、
お休みらしいお休みを過ごさせて頂きました。

普段はちょっと遠くて、中々行くことができない
大好きなパスタ屋さんまで足を延ばしたり・・
そしてやっぱり遠くて中々行けない
大好きなラーメン屋さんに行ったり・・

振り返ると食べてばっかりだったような・・苦笑
お天気もちょうど良い曇り空で、穏やかな時間を
過ごす事ができました♪



お店は先日のフェアーを終え、何だか商品が少なく思えて
淋しくなった店内です・・汗
バイヤーさんや、パートナーの彼女にも
大急ぎで素敵なもの探しをお願いしているところですので、
また今週~来週位から荷物が届き始めると思います。
届きましたら、また少しづつご紹介して参りますね。

また、遅くなりましたが、先日の
「彼女のお気に入り」には、たくさんのご予約・お問い合わせを
本当にありがとうございました!
お一人で、全種類ご予約された方もいらっしゃったり・・嬉涙
何はともあれ喜んで頂けた事が何よりとっても嬉しいです♪

確かにラデュレのキャンドルって、陶器がとても魅力的なので、
思わず集めたくなってしまう気持ち・・分かります。
もちろん肝心の香りも、どれも“当たり”と思う程、
優しくて、柔らかくて、本当に良い香りばかりなので、
どの香りにしようか、ひたすら悩まれる方も多かったです。
キャンドルの香りを楽しんだ後、
この素敵な陶器のポットを何に使おう・・
って考えるのも、楽しみの一つにきっとなると思います・・

ご予約された皆様、日本到着まで
どうぞもうしばらくお待ちくださいませ・・


“予約期間が終わったら、もう予約は受けないんですか?”

・・というご質問を受けることがありますが、
そんな事はないのです。
今までお気に入りでご紹介してきたお品
全商品、いつでもご予約はお受けしております。

・・が、期間終了後のご予約ですと、
お店に置く商品と一緒に送って頂く都合上、
その商品集めに時間がかかり、タイミングもあるのですが、
時には2~3ヶ月お待ち頂く場合があったり、
また、レートの変動や、値上げ等で
最初にご紹介した価格でのご提供が難しい場合や、
突然の廃盤、デザインの変更、
その他諸々の変更が余儀なくされる場合があるのです。
その点を、ご理解・ご了承頂ければと思います。

気になる方は、左カテゴリー「彼女のお気に入り」
をクリックして、今までの記事をぜひご覧になってみてくださいね。
また、食品や、限定商品以外は、
店頭に見本として置いてあります。
(見当たらないようでしたら、お声をかけてください・・)
そちらも合わせてご覧になって、お気軽にお申し付けくださいね。



** キャンドルの素朴な疑問 あれこれ**

今回の「彼女のお気に入り」にちなんで、
キャンドルに関する素朴な疑問あれこれを、
私なりにまとめてみました♪


『どこに置けばいいの?』

置く場所ですが「冷暗所」であれば大丈夫です。
ポイントは、ロウが変形しない位の温度(40度以下)
であれば大丈夫です。
直射日光が当たる窓の近くや日当たりのよい密閉された部屋、
自動車内は危ないので、お気をつけくださいね。


『気になるキャンドルの汚れ、どうしたらいい?』

使わずにずっとお部屋に置いておくと、気になるのは
どうしても表面のロウに付着してしまうホコリや汚れ。
こんな時は、いらない布にベンジン(薬局で手に入ります)
を含ませてから、キャンドルを拭いてください。
見違えるようにきれいになります。
*ベンジンは、ガソリンみたいに揮発性が高く、
 引火しますので、お取扱いにはくれぐれもご注意くださいね。


『キャンドルを繰り返し使っていると、
   ロウの真ん中だけ穴が開いていくけど・・?』

これは私も経験があるのですが、
「勿体無い」って思ってしまうと、
ほんの少しの時間だけ灯して、消して、また灯して・・
を繰り返してしまいがちだと思うのです。
キャンドルは芯の中心から溶けていくので、
ほんの少しの時間だけ灯すと、真ん中だけしか溶けず、
それを繰り返す事で、結局は大きな穴が開くことに・・
実はこれこそ、本当に勿体無い使い方なんですね・・
それを避けるには、少なくともロウの表面が
まんべんなく溶けるまで灯しましょう♪
表面がまんべんなく溶けているのを確認してから
火を消すようにして繰り返し使用すると、
ロウも水平に溶けていき、キレイに使い切れます。


『使い終わったキャンドルの
     ポットに付いたロウの取り方』

使い終わって、いざ入れ物を使おうとしたのに、
残りのロウってどうやったらキレイに取れるんだろう?
きっと誰もが一度は悩んだ事のある素朴な疑問ですよね。
簡単なのは熱いお湯を注いでしまうこと。
ロウは、約60℃で溶けるので、
約60℃のお湯を注ぐとロウが溶けて浮かんできます。
その後、お湯ごと流して下さい。
ただし、溶けたロウは直接シンクに流さないように。
つまりの原因になります。
また、残ったロウが簡単に取れる
便利グッズもあるらしいので、
それを利用するのも良いかもしれませんね・・


いかがでしたか・・?
これで「お気に入り」のキャンドルも安心して
お部屋に飾ったり、使ったりできそうですね♪
ぜひお試しあれ!

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。