La Sweet Rose
フランス・ヨーロッパからの雑貨・アンティーク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドールハウス
高校生の頃、インテリア雑誌を見るのがとにかく好きで、
毎月、「私の部屋」という雑誌(現在は廃刊)
を買っては、


「このお部屋いいなぁ」 「こっちのお部屋もすごく素敵♪」


なんて、穴が開くほど見ていたものです。

そこで紹介されていた可愛いお部屋の一角に、
小さなミニチュアの家具やら食器やら並んでいるのを見たのが
「ドールハウス」との出会いでした。

アルバイトで貯めたお金を握り締め、
都内にあるお店に行っては、少しづつ、買い集めていきました。
学生の私にとって、決して安いとは言えないお買い物でしたが、
それでも集まっていくミニチュアたちに心がときめいていました。

もちろん、それらは今でもトイレや食器棚などに
ちょこんと並べて飾っています。


もともとドールハウスは、16世紀後半、
ドイツ・オランダが発祥の地で、
実際に家や家具、店舗を作る際に
模型として作ったことが始まりではないかと言われています。 


そんな大好きなドールハウスが、フランスより届きました♪

ドールハウス1

ディーラーさん曰く、
30~50年代頃に作られたものと推定されていますが、
はっきりとはしていないそうです。
外側の店舗部分は後年に作られたものか、
もしくは、色が塗り替えられたらしく、とても綺麗です。

こういった古いドールハウスは通常、
海外のアンティークショップさんに
非売品で置かれている場合が多く、
余り出回ることのない、大変貴重なものということです。
中でも、「手芸関係のお店」のドールハウスは
日本では特に好まれるタイプではないでしょうか。


前面は、扉のように開く事ができますので、
早速お店の中の様子をご案内しましょう♪
(ちなみに、正面ドアは開閉できます。)

ドールハウス4 ドールハウス5

おそらく、オートクチュールのお店で、
奥にはきちんとフィッティングルームのスペースまであります。
飾られている小物のほとんどが独立しており、
ドールハウスの楽しみの醍醐味でもある並び替えも可能です。
置かれたり、使われているレースパーツなど、
もちろん全てアンティークです。


一番驚いたのが、木製の裁縫ボックスなのですが、
これ、きちんとスライドして開くんです!驚

ドールハウス3

芸が細かいですよね・・

大変貴重な古いドールハウスを
ぜひ実際にご覧になってくださいね。


その他、前回入荷してお問い合わせの多かった
甘味料ケースが届きました♪
今回はアルミのものです。

甘味料ケース1 甘味料ケース2

前回のプラスティック製も可愛かったですが、
エンボスのデザインとフォントはアルミでも素敵です。
お薬など入れたり、ちょっとしたお裁縫道具を入れて
そっとバッグに忍ばせておいても・・
こんな小さなアイテムって、意外と重宝しますよね。


そして、フランスのショップ用のメルスリーボックスも一緒に
届いています♪

ペーパーボックス


メルスリーの紙箱では、特に人気のあるデザインとお色です。
ショップ用なので大きさもあり、
こまごまとした物の収納にピッタリです♪


やっと最近、春らしくなりましたね。
先週、雪マークを見たときはホント、ビックリしましたが、
今週末は温かくなるようですので、
お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りくださいね・・

テーマ:アンティーク - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。